OBD2 スキャンツールを使って車の情報を見てみたら、これは何かいろいろ使えそうだなって思った話

車の話。

男子ってメーターとか計器が好きじゃないですか。
いろいろな情報が、こう、ぐわーってメカ的に並んでいるのは壮観ですよねー。

自分が車を運転するときもこういう情報を無駄に表示できたら楽しそうだなー
っということで、ちょっと調べてみたら OBD という面白そうなものを見つけました。

なんか、車速とか、バッテリーの状態とか、回転数・燃料噴出量とか色々測れるようです。
しかも、bluetooth で Mobile 端末に情報を飛ばすこともできるみたいで、
これは、何か色々できそうな予感がするので早速買ってみました。

OBDとは?

WikiPedia より

自動車もどんどん電子化されていて、
各電子デバイスとかセンサとかエアコンとかステレオとか走行距離とか、
そういったものを制御するコンピュータが車には搭載されています。

で、
そのコンピュータから得られる様々な情報を使って
車検の時など、車の異常を検出しているみたいです。

こんな感じのコネクタが車についていて、
ここに専用のデバイス(今回買ったもの)を接続して情報を取得します

ちなみに、この OBD は世界的に普及していて、
国によっては OBD2 規格のものを搭載する義務を課している所も多いです。
(日本、アメリカ、EU ・・・)

それ使うと何ができるの?

車から情報を取得できることは分かった。
その情報を使って整備士が車の点検を行う事も分かった。

でも、それ、一般人必要ないよね。

うん。
普通は全く必要ない。

けど知らずに使ってる事もある。

たとえば、
カーナビに OBD の情報を付与することで、
車速の情報等を使って位置精度の向上をはかったりすることができます。
純正のカーナビだと最初から接続されてるんじゃないかな。(知らんけど)

他には、、
セカンドメーターとして様々な情報を表示したりすることもできます。

これらはネットから拾ってきた参考画像。

うん。
計器がふえて楽しそうやね。

買ってみた

今回買ったものはこちら。

安ぅい!
生中 1杯分だ。
ちょっとしたおもちゃとしてはリーズナブルですね。

今回は、車のバッテリーからの給電式のものを買いました。
・指しっぱなしにすると、バッテリーがあがってしまうので注意は必要だけど、
・シガーソケット給電式にすると配線が目立つのが嫌。
・Bluetooth で情報飛ばせたらなんかおもしろそう
ということで選んでみた。

車に取り付け & 情報表示用アプリの準備

OBD 端子の位置は車種によって細かい所は違いますが
だいたい運転席の足元にあるようです。

うちの車はこの位置にありました。

さっそく取り付けよう。・・・といっても、ただ差し込むだけ。
1方向しか差し込めないので、USB より断然簡単!

続いて、OBD からの情報を表示する為の準備。
今回は下記 Android アプリを使用。

[OBD Driver Free]

ちなみに、このアプリでは下記の情報を表示できます。
・速度
・エンジン回転数
・冷却水温度
・吸気温度
・吸気管気圧
・燃料消費 [cc/s], [cc/m]
・バッテリー電圧
・速度
・エンジン回転数

エンジンスタートぅ!

準備が整ったので、いよいよ情報を表示してみます。
エンジンを入れて、OBD デバイスの LED が転倒することを確認。
その後、Android と OBD デバイスを Bluetooth でペアリング。

すると・・・

おぉー!何かいろいろでたー!
エンジンふかしてみたら回転数のメーターとか動いたー!
車走らせたらちゃんと速度が変化したー!

スゲー!何かたのしー!!!
うひょー!

・・・

・・・

で、これ買って何がしたいの?

今回なんの為にこのデバイスを買ったかというと、
既存のアプリを使って情報を表示したかったわけではないのです。

車の情報を Bluetooth 経由で取得できるので、
そのデータを使ってなんか作れたらいいなーと思って購入してみました。

最近、車の IT 化が進んでるらしいじゃないですか。
テスラとか新進気鋭な感じがしてワクワクしますよねー。

でも、簡単に車変えないのですよ。
だったら、今の車を自分で IT 化してみたいと思いまして、
とりあえず簡単に情報取得できそうなものを試してみた次第。

車をインターネットにつなげてみたり、
ヘッドアップディスプレイで情報をフロントガラスに表示してみたり、
(僕の中で)流行りの Raspberry pi とかつかって電子工作してみたり、
とか、
いろいろ応用できたらいいなと、妄想を膨らませております。

まだまだ不明点ありまくりですが、
気長に日曜工作を楽しんでいこうとおもいますー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください